不動産を取得した時の税金

どんな税金がかかるの?
相続税とは 不動産を取得した時の税金⑥

相続税とは:人が亡くなったときに、その亡くなった人(「被相続人」といいます。)から財産の移転を受けた場合にかかる税金です。この相続税は、相続や遺贈(遺言によるもの)によって財産を取得した個人に対して課されるものですが、その財産の課税価格の総額が遺産に係る基礎控除額以下であれば、課税されないこととされています。

投稿日:2019/03/15   投稿者:竹内 雅弘