DIARY日記 不動産取得税とは(不動産を取得したときの税金③)

不動産取得税とは:土地や住宅など不動産の所有権を取得したときに、その不動産の所在する都道府県が課する税金が不動産取得税です。そこで、不動産の『取得』ということに触れておきますが、それは現実に所有権を取得することで登記が行われた否かには関係がありません。また、その取得の原因が売買、交換、贈与、建築等のいずれであっても課税されます。ただし、相続による取得については課税されません。

投稿日:2019/03/12